Q-big九州 – 遊び感覚で脳を鍛え、算数の才能を伸ばす!できなくても、考えた分だけ、かしこくなる!楽しみながら算数のセンスと思考力を育てる魔法のプログラム

12月15日、説明会を行います!


きたる12月15日説明会・無料体験会を実施します。

お子様は無料体験会に、保護者の方は説明会の方にご参加いただきます。

 

場所:Q-big福岡本部校(花畑幼稚園内)

時間:10:00~11:30

 

当日は冬期講習についてのご案内も行います。

Q-bigでは入会いただく際に、説明会・体験会へのご参加を必須とさせていただいております。

是非ご参加ください。

 

なお、席に限りがございますのでお早めにお申し込みください。

TEL:092-791-2277

 

自ら学ぶ力 (11月25日 パズル道場全国大会~浅草橋・ヒューリックホール~)


2018年11月25日、

パズル道場全国大会が行われました。

 

Q-big九州からは代表として2名参加しています!

パズル道場の全国大会は“究極の特別授業”です。

単なる競技会ではありません。

 

”道場”という空気感を作るため、

私たち見学者も音を立てることもできません。

 

”道場”という独特の空気感、

緊張感ただよう張り詰めた空気間の中だからこそ

集中力・注意力・持続力・タフな思考力、

すべての能力が高まるのです。

 

非常に緊張感のある空間でした。

 

Q-big九州からの参加者からも努力賞を頂くことが出来ました。

 

 

参加した生徒も苦手なそれぞれところもあり、

最初は「あまり行きたくない」「自信がない」というようなことを話している生徒もいました。

でも、苦手なことに挑戦し、努力し、乗り越えました。

彼らは、

自分でやることを決めて、

自ら学ぶ姿勢がもうできています

 

中学校以降の勉強はどんどん難しくはなっていきますが、

手取り足取り教えてもらっている子どもたちは、

常に自分に指示を出してくれる人に教えてもらわなければ何もできなくなります。

 

自分で考え、学ぶ姿勢ができている彼らは、

学校の勉強はもちろん、

難易度がどんどん高くなる入試問題も自ら取り組んでいけるようになります。

 

手取り足取り教えてもらう必要はまったくいらなくなります。

 

パズル道場の全国大会には中学生も多く出場していました。

今年の優勝者は中学1年生。

パズル道場で養った自ら考える力はその後も大きな支えになります。

 

全国大会の出場資格はないですが、一般の方も受講されています。

 

 

全国大会では思うような結果が残せなかった生徒もいますが、

苦手なことに挑戦し克服したという経験は、

彼らの人生に必ず生きてきます。

入試、就職、社会に出てからも困難は必ず起きるでしょう。

苦手だから挑戦して克服する。

失敗しても挑戦し続ける

その経験は、幼少期だからこそできるのです。

失敗を繰り返しても許される幼少期だからこそ、

何度も挑戦できるのです!

 

Q-bigでは、自分から難問に挑戦し続ける、そういう子供たちを育てていきます。

 

Q-bigの説明会では、自ら学ぶ子供に育てるにはどうするのかをお話しさせていただきます。

12月は説明会を12月15日に実施致します。

入会には、説明会・体験会に参加いただけることが必須となります。

私たちの教育に関しての考え方、理念をご理解いただきご参加いただきたいと思っております。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

魔方陣:8月説明会の詳細


 

8月の説明会は、

8月18日(土)10:00~ 

Q-big福岡本部校(花畑幼稚園)で行います。

 

今回の説明会のポスターは魔方陣です。

5×5のマスの中に1から25までの数字を1回ずつ入れて

縦・横・ななめのそれぞれの和が同じになるようにしていきます。

 

魔方陣の問題は公務員試験でもでたりしています。

 

Q-bigの塾生はこの魔方陣の問題に取り組む前に

ガウスの計算に取り組みます。

…………ガウスって?

 

ガウスは科学や数学の分野で多くの功績を残した偉大な学者です。

電磁気学で「ガウス」という単位があったりします。

 

そのガウス先生が小学校のころのことです。

先生は子ども達に「1から100までの足し算をして合計を出しなさい」と課題を出しました。

先生は時間がたくさんかかるだろう、少しゆっくりできるぞと….思っていたようですが、

 

少年ガウスは、あっという間に答えをだし、先生をびっくり!…いやがっかり?させたという逸話があります。

 

どんな計算をしたのでしょう?

 

実は、高校で学ぶ等差数列の和の公式と同じ計算をすぐにおもいついてやったのです。

 

Q-bigの塾生は小学生の低学年から”ガウスの計算”を自分でできるように学びます。

 

 

この魔方陣の問題はそのあとです。

何もヒントは出しませんが、自分の作戦を持った子供たちは自分でどうしたらいいかを考え抜きます。

自分で考え、自分で解く方法を考える。

 

これが一番大事なのです。

社会に出て、難問にぶつかったときにどう考えていくか。

その力を養うことがとても大事なことなのです。

 

Q-bigでは自分で考え、自分で難問を乗り越える力を持った子供を育てます。

ただ、計算ができればいい。

ただ、習ったことができればいい。

それでは、これからの社会を生き抜くことはできません。

 

是非説明会・体験会にお越しください。

お友達をお誘いください。

これからの時代を生き抜く力をつけていく。

そんな体験をしてみませんか?

 

お問い合わせ:092-791-2277 

席に限りがございますので、お早めにお申し込みください!

皆様のお越しを心からお待ちしております。

8月の説明会のご案内です


8月のQ-big説明会・無料体験会のおしらせです。

 

8月18日(土)に実施いたします!

 

場所・時間など詳細は後日、ブログにて発表いたします!

 

よろしくお願いします!!!

7月の説明会の日時が決まりました!


7月の説明会の詳細です!

7月は福岡本部校と平尾校において、説明会&体験会を実施します!

福岡本部校 7月14日 14:00~15:30

平尾校   7月21日 10:00~11:30

 

お席に限りがございますので、ご予約いただきますようお願いいたします。

TEL 092-721-2277

夏期講習について


Q-bigでは以下の日程で夏期講習を行います。

福岡本部教室(花畑) 7/23~8/3

野間教室       7/23~7/31

平尾教室・高宮教室  8/16~8/24

 

Q-bigパズル大会(参加無料)    8/25

Q-bigパズル大会は各教室で夏期講習を受講された方のみ参加できます。

 

お問い合わせはこちらまで

092ー791-2277

 

自学自習能力

よく東大に行く人は
親から勉強しなさいと言われたことがない
というようなことを耳にします

それはおそらく
自分で調べて 学ぶ力が強いからでしょう

では
どうすればそうなっていくのか

それは
「好奇心」の「幅」が広いからではないか

「好奇心はありますか」と問うと
多くの人は
「ある」といいます

しかし
ほとんどの場合
好奇心はあるが「狭い」人が多いと感じます

好奇心とは
「幅」を問うべきなのではないか
(詳しくは「伸び力」薙野修二著P.54)

そこで
どうすれば
好奇心の幅を広げられるかというのが問題になってきます

Q-bigでは
幼少期からの知的欲求を高めるために
図鑑等を自由に読める環境づくりにしてあります
また
字がまだ読めなくてもナレーションを
聞きながら本が読めるQ-big文庫もあります

幼少期だからこそ いろいろなものに触れられるようにしておきたいですね

#Q-big #パズル道場 #自学自習

6月23日無料体験会・説明会花畑幼稚園にて行います。


Q-big説明会

6月23日(土)

10:00~11:30
花畑幼稚園にて説明会を行います。
ぜひ多くの方にきていただきたいです!!

お席にかぎりがございますので、ご予約をお願いします。
092ー791-2277

無料体験会・説明会いよいよ来週です!!


Q-big無料体験会・説明会いよいよ

来週6月23日(土)です!!

空間把握能力、図形、思考力といった算数的センスが

ゲーム感覚で楽しみながら身に付く教室です。

教育のためになるお話もたくさん聞けますのでぜひ

お越しください。

連絡は092-791-2277

自由に生きるために必要な算数力!!


「子供には自由にのびのびと生きて行ってほしい。」
という親御さんとても多いと思います。

では自由に生きるとはどういうことでしょうか?

それは自由に生きる選択肢を選べること。
職業を自由に選べるということです。

将来子供が医者や建築家になりたいとか
自分で何かを経営したいとなったときに
そのために必要な能力を身につけさせて
あげたいですよね。

 

算数に強いということは
どんな道を選ばれても生きていくうえで
お子様の大きな力となってくれます。

算数力とは一般的に計算能力のように
算数のセンス向上というと計算力を
まず最初に思い浮かべる方が多いでしょうが
空間認識力とイメージ化能力が大変重要です。

図形や立体の問題を苦手としていた人
多くありませんでしたか?
空間認識力やイメージ化能力を身に着けるのは
幼少期がいいとされています。

医者がレントゲンをみたり、
サッカー選手がボールをけったり、
建築家が模型をつくったりするのにも
空間認識力が必要になります。

Q-bigは数字・空間認識力・イメージ化能力
思考力といった算数力がバランスよく身につく
カリキュラムです。

社会にでたときに必要な能力を
幼いころからしっかりと身につけさせ
大切なお子様が
自由に自分の人生を選べるようにしてあげたいですね。

6月23日(土)に無料体験会と説明会やります!!

ご興味のあるかたはこちらまでお問合せください。

092-791-2277